映画「くるみ割り人形」(1979)

2021/06/05

アニメ 映画 感想・考察

t f B! P L

 ずっと昔に観た記憶のある、サンリオ制作の「くるみ割り人形」。

日本で最初の、長編ストップモーション映画です。

今回、U-NEXT の利用期間中に、観ることができました。

(「プライム対象」ではなく、「dアニメストア」でも扱っていない作品です。)


(original image: Buntysmum)


子供の頃に観たことは、確かです。

でも、覚えていることといったら...


「わたしの、くるみ割りさん」というセリフ。

「お菓子の国」のキャンディーたちのダンスがかわいかった(おいしそうだった)。


という程度。😓


実際に観てみると...

全体的に、画面が暗い。

最初の方なんて、トラウマになる可能性大ですし。

やっぱり、「これは子供向けの映画ではなかったのだな」と確信しました。

大人にしか分からないような、当時の流行を詰め込んだ場面もあったり。


でも、がっかりした訳ではないんです。

今、改めて観ると、また違った味わいがあることに気付きました。


映像


映像の作り方は、同時かなり斬新だったのではないか、と思います。


例えば...

主人公クララが、思い出していることを、薄い映像で同じ空間に重ねたり。

それが、現れて消える様子が、頭上に半円を描く動きで表現されていたり。


同じように、他の1つ1つの場面にも、相当工夫が凝らされていると感じました。


人形アニメと実写の映像が混ざっていることも、今になってみると、それ程違和感なく受け止められました。

(覚悟してから観たからかもしれないけれど。)

小さい時に観たときは、つながりがまったくつかめず、良く分からなかった点なのですが。

今ほど、映像作品が多くなかった時代。

人形の映像も、バレエも、1本の映画でいろいろ楽しめる作品にしたかったかもしれない、と思えてきました。

バレエのシーンは、本当に美しいですし。


無心に楽しめるのは、細部までこだわりのあるセット!

まるでドールハウスの世界を見ているかのようでした。

部屋、階段、家具、小物が、丁寧にそろえられているのが分かります。

全然安っぽいところが無いのです。

ミニチュア世界の堪能もできる作品だと感じました。

ドールハウスの中で、かわいいお人形が生活している姿が、見られるのですから。


あとは、やっぱり、子供の時に目を奪われた、お菓子の国!

「こんなにキラキラ✨だったんだー」と、改めて感嘆しました。

カラフルでかわいらしいお菓子たち。

その、なめらかでキレのある動き!

中でも、キャンディーたちのダンスが、今でも1番好きだと思いました。


映画に込められたメッセージ


特に印象に残ったのが、この映画のテーマである「愛」について。

小さい時には、全く印象に残っていなかったのが、びっくりなぐらいです。

(お菓子に、目がくらみすぎていたのかも。😋)


(image: Buntysmum)


今回、時計職人のおじさんのセリフに、ハッとさせられました。


” 好きと言っても、いろいろあるし。

愛と言っても、いろいろあるし。

人間はね、いろいろなものをすぐ好きになったり、愛したり、

嫌いになったり、憎んだりするのさ。

本当にそのものを、その人自身を、愛してなんかいないからさ。”


そしてこれが、1番重要な場面なのかもしれない、と感じました。

子供はもちろん、大人でも、分かっているようで、分かっていないようなこと。

それを、詩のような表現で、分かりやすく語りかけています。


映画を観たのは、この詩と出会うためだったのか、とまで思えてきました。


関連映画と原作


最近、この映画のことが、妙に気になっていた訳というのがありまして。

Disney⁺(ディズニープラス)で「くるみ割り人形と魔法の王国」を観たのです。

そのストーリーが、かつて観たこの映画と同じなのかどうか、知りたくなったのでした。


そして、実際に観てみたら、全く違う。

そうなると、原作とされている本は、どうなっているのだろうと思い、読んでみました。

E. T. A. ホフマン作「くるみ割り人形」です。


ところが、この本を読みつつ、ますます混乱してきました。

ストーリーが、どちらの映画とも違うので...


そして、全部読み終えた時、つながりが分かったかもしれません。

この物語のエッセンスを抽出して、人形アニメ映画に注入していると。

本には、ハラハラ・わくわくするような展開が、次々と盛り込まれていました。

でも、その中で重要なのは、やはり「愛」だと思うのです。

小さい女の子の「愛」の話で、映画とは重みが違うかもしれませんが...

(映画は、どちらかというと、大人向けですから。)

それでも、子供なりに「犠牲を払って、相手を守ろうとする」という内容が、心に響くのでした。

体を呈したり、大事な物を差し出したりして。


(original image: gingertea)


ちなみに、ディズニー映画の「くるみ割り人形と魔法の王国」は、本とは全く違うストーリーでした。

でも、無関係というわけでもないようです。

雰囲気を取り入れつつ、映画オリジナルのストーリーになっていますから。


【本ページの情報は2021年6月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください】

再編集版


実は、アニメ映画「くるみ割り人形」は、2014年に、リマスター版が制作されていることを、今になって知りました。

バレエのシーンをカットしたり、編集をし直したそうです。

「プライムビデオ」では、有料で、この「2014年版」が観られようになっています。

いつか、観てみたいです。


Amazonプライム30日間の無料体験はこちら


My Favourites


SpicyChaiです。
よろしくお願いします!





好きな色:紫・緑
好きな本:『吹きぬけの青い空』
好きな映画:「リトル・ミス・サンシャイン(Little Miss Sunshine)」
好きな食べ物:果物
好きな料理:インドカレー
好きな飲み物:抹茶ミルク・チャイ
好きな動物:オコジョ・ヤマネ
好きな歌手:Meja(メイヤ)
好きな俳優:「みいつけた!」のサボさん
好きな女優:エミリア・クラーク

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

検索

Archive

Category

子育て (49) 感想・考察 (45) 映画 (35) 生活 (33) アニメ (29) 中学受験 (24) 学習法 (21) 健康 (19) 思い出 (18) イベント (17) 工夫 (11) 手芸 (11) 予防 (10) 幼児期 (9) 試験 (9) (8) 発見 (6) ゴジラ (5) 料理 (5) (5) ドラマ (4) 生き物 (4) 音楽 (4) 体験 (3) ブログ (2)

QooQ