レーシック経験者の経緯 ④手術前後と当日

2021/05/08

健康

t f B! P L


これまで、レーシックをするまでの経緯を書いてきました。

今回は、実際の様子についてのまとめです。

レーシックに適した時期についても触れています。🙂


予約の日が近づいてきても、そのことについて、考えたり想像したりすることはなく、時間が過ぎていきました。

特に、風邪をひいて体調が悪かったので、「予定どおり受ける」ということにだけ一生懸命でした。

 普段以上に忙しく、手術のことを考える余裕がなかったような・・・


レーシックは、一生に1度の一大事ではあるけれども、自分はじっとしているだけ。

それが気楽なのでした。😀 

 「自分が行動しないと、なんにも進まない普段の生活」に比べたら、ただただありがたい・・・と思っていました。



(original image: CDD20)

とうとう、レーシック当日


前日に風邪の熱が下がり、手術日は、予定通り出かけられました。

外に出てみると、自分でも意外なほど体力が落ちていて、移動がきついぐらい。😥


当日は、お化粧は禁止です!

 化粧品が目に微量でも入ると、問題があるとのこと。

 紫外線を気にする私は、日焼け止めクリームを塗れないのが残念でしたが、「11月なのだからまだましだ」と、自分を説得しました。 🙁

 眼科は、自宅からバスと電車で1時間弱。

外をほとんど歩かずに行ける場所であることも、助かったのでした。


10時半の予約で、10時ごろ検査の階に到着しました。

すぐに、手術前の目の検査や診察を受けさせてもらい、「風邪気味でも大丈夫」とのことで、手術の階に移動。

お会計が先というシステムで、クレジットカードで支払いました。


その後、術後の目薬の説明などを受けたり、麻酔の目薬を看護士さんにさしてもらったり。

全く待たないまま、手術室へと案内されました。



(original photo: pixabay)


手術室での様子


そして…

機械で角膜を丸く切り、その部分をヘラのような道具でめくって、レーザーを当て、角膜をもどして、手術は終了!


という説明でしたし、自分も「今、この作業をしているんだろうな」という実感がありました。

 横で、その都度話しかけてもらっていましたし。

 書いてみたら簡単なことだけれども、客観的に見るとしたら、相当恐いことなのです。😥

 (自分にはその必要が全くないことに感謝しつつ、あまり想像もしないようにしていました。)


以前、眼科で角膜内のゴミを取ってもらったときとは違って、「まばたきはできない状態にする」と聞いていたので、その点も人(先生方)と器具まかせで助かりました。

 でも、頭や足は、自由に動かせる状態なので、それが妙に気になってきて...🙄


急に、「やっぱり恐い~!」と思って、動いてしまう人がいるのではないか?

(頭では、いけないと理解していても。本能的に、というか。)

 「そういうことをしない人かどうか」まで、目の検査や診察のときに、チェックしていたのだろうか?

 これまで、そんな問題は全くなかったから、大丈夫と思われているのか・・・?

(そうだとしたら、危険!)


そんなことを、考えていました。 😳

 心配性な私としては、多少窮屈でも構わないので、頭や手足も固定してもらいたかったです。


最近の機械では、時間が本当に短くてすむようで、「まだかなあ」と考える暇もないまま、すべて終わりました。


実は、手術中ずっと、看護師さんが手を握っていてくれたのです。

それがとっても、頼もしく、ありがたかったです。🥰


これは、全員にしてくれることなのか、私が心配性だからなのか・・・

(でも、私の性格は、バレていないかもしれないし?)

後日、同じクリニックで、もっと高額のレーシック手術を受けた人に聞いたら、「そんなことしてもらっていない」と、驚かれました。

「まぼろし」だったのでしょうか...?


自分自身の反省点としては、手術中ずっと、口をぽかんと開けていたこと。 😯 

(original image: alluregraphicdesign)


 (風邪で)鼻が完全につまっていて口で呼吸するしかなかった、という理由もあり。

でも、それだけではなくて、口を閉じたら目も閉じてしまいそうで、恐かったのでした。

 「反射のまばたき」はできない状態だけども、強く目を閉じようとすると、手術に影響があると聞いていて、心配でしたから。


手術後当日


その後10分間、別室のオットマン付きリクライナーで目を閉じて休ませてもらうことになっていました。


目を開けたら、視界は、かなりくもっていました。

 それなので、「裸眼で見える!やったー!!」なんていう感動はなく...

周りに気を付けつつ、慎重に眼科を後にしたのでした。

(お会計が先なのも、当然ですね。😉)


時計を見たら、11時半前でした。

 1時間半ぐらいかかるという覚悟で来ていましたが、30分早く着き、その分ちょうど早く終わっていたのです。

 できるだけ早く帰り、娘が幼稚園から帰る前に家事を済ませたかったので助かりました。


私の前に、同じ手術を受ける人がいなかったので、予約の時間にはこだわらずに、早くすすめてくれたようです。

 とってもありがたかったのですが・・・

 レーシックを受ける人は、今は少ないのかな?と、心配になりました。

 私の後にも、待っている人はいなかったし。🙄


この時より5年半前、別の眼科でレーシック手術をした友人は、「数ヶ月待ちでやっと受けられた」と、うれしそうだったので、ちょっと意外でした。


 レーシックをしたい人は、もうすでに、ほとんど受けてしまったとか?

 

いろいろ考えて気がついたのは、その日は木曜日だったということ。

 フルタイムで働いているほとんどの人にとって、「平日に手術を受けて、翌日の平日にも検診」というスケジュールは難しいはずです。

 友人も、土曜日に受けて、翌日の日曜日に私と会っていたことを思い出しました。


手術当日は、顔や頭を洗うことは禁止です!

 花粉の時期や、夏の暑い日には考えられないことなので、やっぱり、11月に受けられて幸運でした。


手術後1週間とその後


レーシック後、1週間は「まだ角膜が元通りになっていないので注意が必要」と聞き、目に関しては慎重に生活しました。


翌日の検診では、視力も期待どおり出ていて、問題は何もないとのこと。

少し安心しました。

 でも私自身は、生活ががらりと変わったという印象のないままだったのです。

 常に、目にゴミが入らないかハラハラしていて、それはソフトコンタクト使用中と同じ。😕

 外出時には、保護用のメガネをしなくてはいけないので、裸眼ほどクリアに見えない、というのもありました。

 何よりも、もともと体調が悪かったのに加え、普段以上に忙しいスケジュールで、見え方の違いにまで、なかなか意識がいかなかったのでした。

 (3日後の日曜日、公園で数分ぼんやりする時間があったのですが、ふと見下ろした地面がむくむくと波打って見えたほどで・・・。風邪が治ってきて、ほぼ普段どおりの食事ができるようになった日でしたが、体調はまだダメなのだと気付きました。😥 )


でもその翌日の月曜日、保護用のメガネを忘れて、玄関先に出てしまいました。

 大きな音が気になり、空を見上げたら、上空にヘリコプターが。

その柄までもが、はっきりと見えて、今までとの「見え方の違い」を、いきなり強く感じました。

 これは、ソフトコンタクトのときにも、分からなかった感覚でした。



(original photo: talentbuddyev)

その後、無事に(慎重に過ごさなくてはいけない)1週間が過ぎ、数時間ごとの目薬も終了。

なんといっても、コンタクトレンズの出し入れをしなくてもよい生活がラクで、うれしかったです。

 私にとって、ソフトとの格闘は、かなりの気合い時間を必要とする作業でしたから。


そして何事もなく2週間経ち、普段と全く変わらない生活ができるようになりました。



※ その後、問題のないまま10年ほど経ちました。

私は、人にレーシック手術を勧める気持ちはありません。🙂

改めて「視力矯正」方法について考えたことを、次回書いていきます。





My Favourites


SpicyChaiです。
よろしくお願いします!





好きな色:紫・緑
好きな本:『吹きぬけの青い空』
好きな映画:「リトル・ミス・サンシャイン(Little Miss Sunshine)」
好きな食べ物:果物
好きな料理:インドカレー
好きな飲み物:抹茶ミルク・チャイ
好きな動物:オコジョ・ヤマネ
好きな歌手:Meja(メイヤ)
好きな俳優:「みいつけた!」のサボさん
好きな女優:エミリア・クラーク

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

検索

Archive

Category

子育て (49) 感想・考察 (45) 映画 (35) 生活 (33) アニメ (29) 中学受験 (24) 学習法 (21) 健康 (19) 思い出 (18) イベント (17) 工夫 (11) 手芸 (11) 予防 (10) 幼児期 (9) 試験 (9) (8) 発見 (6) ゴジラ (5) 料理 (5) (5) ドラマ (4) 生き物 (4) 音楽 (4) 体験 (3) ブログ (2)

QooQ